症例8 ふくらはぎ内側の痺れと痛み

症例8 ふくらはぎ内側の痺れと痛み

女性 70代

症状
10年くらい前から左のふくらはぎから足の親指まで痺れる感じがあり、歩くと少し痛い。最近になってふくらはぎや足の裏がよく攣るようになった。
その他の症状として外反母趾や膝の痛みがある。

使用したツボ
完骨 京門 L5華佗穴 申脈 公孫 照海

治療内容 経過
触診をしながら話しを聞いてみるとふくらはぎの内側だけでなく、外側もたまに痺れを感じるときもあると言うので外側も触診してみると圧痛がある。
ふくらはぎを丁寧に全体を触診してみたところふくらはぎの真ん中にも圧痛があった。
臀部の方にも少し違和感があるというので触診してみると圧痛があった。
そのため完骨、京門で臀部の圧痛とふくらはぎの外側の圧痛を取り除き、ふくらはぎ真ん中の圧痛をL5華佗穴、申脈で取り除いた。
その結果、ふくらはぎの痛みや痺れは半分くらいになった。
まだ内側の方が残っていたので公孫と照海に刺鍼して圧痛を取り除いた。
その結果、痛みや痺れは改善した。
治療後、歩いてみてもらったが、ほとんど気にならないと言う。
1ヵ月後にまた来院したが、あれ以来まだ痛みや痺れは再発していなく、足が攣る回数も少なくなったそうだ。
毎回1回の治療でこのような変化を期待してはいけないがこのような症例は数多くある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です